ペットの抜け毛対策ができる洗濯洗剤【リモサボン】

デイキャンプに必要なものはこれ!キャンプ初心者はデイキャンプをやってみよう!

デイキャンプに必要なものはこれ!キャンプ初心者はデイキャンプをやってみよう!

どーも!キャンプ初心者の中村です( *´艸`)

最近、嫁とキャンプではなくのデイキャンプから始めようという話が出ていて、っというのもキャンプだと必要なものが多くなってくるじゃないですか?(デイキャンプと比べて)

っで、じゃあデイキャンプに必要なものは何だろうかと思い調べてみたので、これからキャンプやデイキャンプをしたいなと考えているなら、この記事が少しでも参考になればなと思います(^^)/

デイキャンプに必要なものはこれ!

細かく見ていくとたくさん必要なものが出てくるかと思いますが、これがあればデイキャンプはできるんじゃないかなと思います。

イス

デイキャンプは外でするので座れる場所、ゆっくりできる場所が必要なのでイスは必要。

地べたでもいいよ!って場合はいらないかもですけど、やっぱりイスに座ってゆっくりしたいのでイスは必需品かなと(^^)/

テーブル

テーブルは飲み物や食材などをおいたり、調理するときに必要になります。

さすがに何かを切ったりするときに地べたは嫌じゃないですか?衛生面を考えるとやっぱりテーブルも必要っということです(^^)

調理器具

デイキャンプと言えば「BBQ」って考えるかもしれませんが、それはデイキャンプの1つの楽しみ方なので、何を食べるかによって用意する調理器具は変わってきます。

BBQならBBQコンロが必要になるし、ご飯を炊きたいならメスティンやダッジオーブン、飯盒(ハンゴウ)などが必要になってきます。

薪を使うのか、ガスを使うかによっても違ってくるので、何をしたいかで用意しましょう(^^)/

関連記事DODの焚き火台を購入!二次燃焼が楽しめるめちゃもえファイヤー!
関連記事【山善】のメスティンを購入!トランギアのメスティンよりいい点を発見!

スタイルに合わせて用意する

必要なものを3つ書きましたが、スタイルによって変わってきます。

料理も作るものによって調理器具が変わるように、イスやテーブルもスタイルによって変える必要があります。

ロースタイルなのかハイスタイルなのかによってイスやテーブルの高さが変わってくるので、どのスタイルにするかで用意しましょう。

テーブルに関しては高さをかえれるテーブルもあるので、そういったものを選ぶといいかと思います。

イスに関しては高さをかえれるものは見たことないので、どのスタイルにするかで選ばないといけません。

デイキャンプにあると嬉しいもの

イスやテーブル、調理器具以外にデイキャンプであると嬉しいものもあります。

タープ

時期によっては日差しが強かったりするので、日陰を作るのに必要かなと思います。

デイキャンプは外でするので、脱水症状や日射病などになる可能性もあるので用意できたらあるといいかも(^^)/

テント

これもタープと同じで日陰を作ったり、テントの場合だとプライベート空間も作れるので中で着替えをしたり、ゴロゴロしたりできます。

ただ、デイキャンプにはさすがに荷物になるかもね( ̄▽ ̄)

なので、サンシェードやポップアップテントなど簡易的なテントがデイキャンプにはいいかもしれません(^^)/

クーラーボックス

食材や飲み物を冷やすために必要になりますが、デイキャンプの場合は日帰りなのでそこまで重要ではないかもです。

ただ、夏の場合は暑いので食材が痛む可能性があるので必要になるかも?

まぁ飲み物などを冷やしておきたいなら用意しましょう(^^)/

関連記事【ロゴス】ハイパー氷点下クーラーを購入!おすすめサイズの選び方!
関連記事【保冷力最強】ロゴスの保冷剤はマジでおすすめ!三ツ矢サイダーが凍っていた!

レジャーシート

地べたに座ったりゴロゴロしたい場合には欲しいかも( *´艸`)

また、荷物をおいたりするのにも便利なのであると嬉しいかなと。

タープを張った場合、その下にレジャーシートを敷いてゆったりするのもいいかもですね(^^)/

キャリーワゴン

荷物が多い場合にあると嬉しいかもですけど、場所によっては地面がごつごつしていて運びにくいかも( ̄▽ ̄)

また、キャンプ場によっては荷物を降ろせる場所まで車を入れてもいいところもあるので、キャリーワゴンが必要ない場合もあるので、あれば便利かなっていうぐらいです。

まぁなくてもいいかも…笑

キャンプ初心者はまずはデイキャンプをやってみよう!

まだキャンプをしていない人やキャンプ初心者はデイキャンプをするといいと思います。

理由としては、キャンプとデイキャンプの違いは宿泊するかしないかの違いなので、荷物の量が違いますし、デイキャンプをキャンプの練習としてすることができるからです。

テントやタープを張るのはキャンプ初心者にはハードルが高いので、デイキャンプでまずは練習としてテントやタープを張ってみる。

また、薪や炭を使うなら火をつける練習にもなります。

初キャンプでテントやタープを張るのに失敗したりすると寝るときに困りますし、なかなか火をつけれないと料理ができなくてすぐ夜になる。

暗い中で作業するのはキャンプ初心者にはハードルが高いとおもうので、まずはデイキャンプで練習というのもいいかなと思います。

まとめ

デイキャンプに必要なものは3つ
・イス
・テーブル
・調理器具

っで、スタイルによってイスやテーブルなどの高さが違うので、ロースタイルなのかハイスタイルなのか自分がどのスタイルでデイキャンプをするのか決めておきましょう(^^)/

デイキャンプにあると嬉しいもの
・タープ
・テント
・クーラーボックス
・レジャーシート
・キャリーワゴン

キャンプ初心者はデイキャンプをキャンプの練習としてすると今後キャンプでの失敗を減らせるので、デイキャンプをまずはしてみると良いと思います。

っということで、まずはロースタイルなのかハイスタイルなのかを決めると、道具選びもスムーズになるかなと(^^)/

それでは今回はこのへんで。

ではでは(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です