ペットの抜け毛対策ができる洗濯洗剤【リモサボン】

デイキャンプとは?楽しみ方はキャンプと違うの?

デイキャンプとは?楽しみ方はキャンプと違うの?

どーも!キャンプ初心者の中村です(^^)/

キャンプ初心者がいきなりキャンプをするって言ってもキャンプ初心者には外で寝たり料理をするのは簡単なことではありません。

なのでまずはデイキャンプをしてみませんか?

っということで、デイキャンプとは何をするのか?楽しみ方はキャンプと違うのかなどを調べてみたので参考にしてみてくださいね(^^)/

デイキャンプとは?楽しみ方はキャンプと違うの?

デイキャンプとは

デイキャンプとはひとことで言えば「日帰りキャンプ」のことです。

特に大きなしばりとかもなく「デイキャンプ」=「BBQ」ということではなく、BBQはデイキャンプの楽しみ方の1つということです。

個人的には自分たちがゆっくりできる場所を作り、料理をしたり、自然の中であそんだり自然の雰囲気を楽しんだりして「日帰りで」楽しむのが「デイキャンプ」だと思います。

デイキャンプとキャンプの違い

デイキャンプとキャンプの違いは、宿泊するか宿泊しないかのそれだけ。

だだ、そうなると持っていく荷物の量が違ってきます。

キャンプだと宿泊なので、テントや寝袋が必要だし、料理もデイキャンプと違い朝昼晩と作る回数が増えるので持っていく材料も増える( ̄▽ ̄)

夜も過ごすので、ランタンなど明かりも必要になってきます。

と言ったところで、デイキャンプとキャンプの違いは宿泊するか宿泊しないかのそれだけ。

それによって用意するものが違うということです。

デイキャンプの楽しみ方

デイキャンプの楽しみ方

デイキャンプで料理を楽しむ

デイキャンプで料理と言えばBBQだと思います。

BBQ用のグリルや焚き火台などを用意して火をおこすだけでも楽しいですし、自然の中で調理をするのも楽しいと思います。

他にもガスコンロを用意したりして、BBQとは違った料理を楽しむ人も大勢います。

「今日のデイキャンプは何を作ろうか?」っといった感じで、外での料理を楽しむことで普段お家で食べているものでもなぜか外で食べるだけで美味しく感じることができるかもしれませんね( *´艸`)

スポーツ(運動)を楽しむ

キャンプ場によって違いますが、川の近くで水遊びができたり、山の中にアスレチックがあったりするキャンプ場もあります。

他にもキャンプ場をさんぽしたり、広いキャンプ場だとボール遊びやフリスビーなどができるほど広いところもあるので、なにをして楽しむかによってキャンプ場を選ぶのも楽しいかもしれません(^^)

雰囲気や自然の音を楽しむ

外で過ごすので、その雰囲気や自然の音を楽しむのも1つの楽しみ方だと思います。

風や川の音、雨の音や薪を割る音やペグを打つ音が好きって方もいますので、自然の中で雰囲気や音をぼーっと感じるのも楽しいと思います。

デイキャンプはキャンプに向けての練習

キャンプをしたいと考えているキャンプ初心者にはデイキャンプは本番のキャンプに向けての練習として考えるといいかもしれません。

例えば、テントやタープの設営はキャンプ初心者には難しいと思います。

なので、デイキャンプでテントやタープの設営方法の確認したり、火おこしもコンロなどを準備しているのであればいいのですが、BBQをしたい場合は火おこしの練習もしておきたいところ。

本番のキャンプに向けてそういった練習も兼ねてデイキャンプを楽しむのもいいかなと思います。

デイキャンプでキャンプ道具のメンテナンス

デイキャンプでキャンプ道具のメンテナンス

すでにキャンプをしているのなら雨や結露などで濡れたテントやタープを乾かすためにとデイキャンプに行く人もいます。

お家で乾かせるのならいいのですが、マンションなどでテントやタープなど大きいキャンプ道具を乾かせない場合はデイキャンプでキャンプ道具のメンテナンスをすると、次回のキャンプも快適に過ごせるかなと(^^)

デイキャンプで気をつけること

デイキャンプだけではないのですが、キャンプをするなら気をつけるべきことがあります。

熱中症や日射病

外で活動しているので、日差しが強い日はこまめに水分補給をとったり、テントやタープの日陰の中で休憩したりしないと体調が悪くなることもあります。

特に夏場にキャンプをするなら意識しないと脱水症状にもなってしまうので、しっかりと水分を取り、適度に休憩もしましょう(^^)/

食あたり

食材の管理ができていないと食材がダメになることもあります。

特に夏場は暑いですしね( ̄▽ ̄)

なので、デイキャンプだからと言って油断せずちゃんと保冷材やクーラーボックスを用意しないと痛い目に合うかも…

また、食材を触る前に手を洗ったり、しっかりと食材を焼くというのも大事。お肉が生焼けとかあると思うのでしっかり焼きましょう(^^)/

ほんと外で食あたりを起こしたくないですからね( ..)φメモメモ

虫に気をつけよう

やっぱり外なのでキャンプ場にはいろいろな虫がいます( ゚Д゚)

蚊やハチ…虫には詳しくありませんが、やばい虫と言えばスズメバチ!!!

スズメバチがでる季節は「5月~11月」あたりで、特にやばいのが「7月~10月」で、その時期は子育てのために気が荒くなっているらしいです( ̄▽ ̄)

もし遭遇してしまったら、騒がず長袖の服を着たり、スズメバチがいなくなるのをテントの中などで待機しましょう。

刺激をあたえたり素人が駆除しようとしないように(/・ω・)/

動物に気をつけよう

山などにはクマやイノシシ、サルなどがいることがあるので一応気をつけておきましょう!

まぁめったに遭遇することはないと思いますが、一応程度にこれから行くキャンプ場で出ていないかなどの情報収集はしておいて損はないと思います。

マナーを守る

マナーを守る

ゴミの管理

ゴミをそのままにして帰ったりする人もいるようなので、ちゃんとゴミ袋などを用意してキャンプを楽しみましょう(^^)/

あと、ゴミを捨てても大丈夫なキャンプ場もあると思いますが、その時はしっかりと分別する!

自分が使うときにゴミとかあったら嫌じゃないですか?

なので、とにかくみんなが使う場所を自分も使ったならキレイにしましょうってことです(^^)/

他人のスペースに入るな

スペースというかサイトの中によっぽどの用がないかぎり入らないようにしましょう(/・ω・)/

自分のお家の庭に知らない人がいたらびっくりするじゃないですか?

あれと同じで、他人のサイト内を横切ったり、入ったりしないようにってことです。

トイレや水場に行くのに近道、ショートカットできるという理由で横切るひともいるので、しっかりと決められた道を歩きましょう(^^)/

まとめ

デイキャンプについて楽しみ方や注意点について話してきましたが、デイキャンプとは簡単に言うと「日帰りキャンプ」ということです。

楽しみ方は人それぞれで、デイキャンプもキャンプもほとんど同じなんじゃないかなと思います。

ただ違うところは、宿泊するかしないかということと、用意する道具などが違うということ。

キャンプ初心者の場合はデイキャンプは荷物も少なくなるし、テントやタープを張る練習としていろいろとやってみると本番のキャンプで失敗などを減らせるんじゃないかなと思います。

それでは今回はこのへんで。

ではでは(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です