ペットの抜け毛対策ができる洗濯洗剤【リモサボン】

キャンプで必要なランタンの明るさを理解しよう!

キャンプでランタンの必要な明るさ

この前「キャンプにランタンは必需品!どのタイプのランタンがオススメなの?」という記事を書いたのですが、実際に嫁とどれにしようかと話し合ったときに謎になったことがありました。

それは、ランタンの明るさです。

前に書いた記事では用途別で3ヵ所必要と書きましたが、どれぐらいの明るさが必要かは書いていなかったので、今回はそれについて調べてみました。

ランタンが必要な場所
・メイン:メインは全体を照らすためのランタン
・テーブル:テーブルに置いて、テーブルを照らすのためのランタン
・テント:テントの中を照らすランタン

3ヵ所ありますが、場所によってどれぐらいの明るさが必要なのか調べてみました(^^)/

キャンプで必要なランタンの明るさを理解しよう!

最近の電球などはLEDが普及してルーメン(lm)という単位を見ることが増えたと思います。

っで、ルーメンっていうのは明るさを表す単位で、ランタンの種類によってはワットで明るさを表すこともありますが、今回はLEDランタンの明るさの単位ルーメンで場所別にどれぐらいの明るさが必要か調べてみました。

参考程度にワットとルーメンの対応表も作ってみました。

ワット↔ルーメンの対応表

ワット(W)ルーメン(lm)
20ワット170ルーメン以上
30ワット325ルーメン以上
40ワット485ルーメン以上
50ワット640ルーメン以上
60ワット810ルーメン以上
80ワット1160ルーメン以上
100ワット1520ルーメン以上

メインに必要なルーメン

メインはタープのポールやランタンポールなど高い位置から全体を照らすためのランタンで1,000ルーメン以上の明るさのものを用意するといいみたいです。


【Amazon.co.jp限定】 GENTOS(ジェントス) LED ランタン 【明るさ1000ルーメン/実用点灯11-240時間/3色切替/防滴】

テーブルに必要なルーメン

テーブルは手元などを照らすのに必要で、100~400ルーメンぐらいの明るさのものを用意するといいみたいです。他にも小さめのものをいくつか用意して配置するっていう方法もいいみたいです。


GENTOS(ジェントス) LED ランタン 【明るさ400ルーメン/実用点灯30-200時間/防滴】

テント内に必要なルーメン

テントもテーブルと同じで100~400ルーメンぐらいのものがいいみたいです。

キャンプに行ってずっとテント内にいるわけじゃないと思うので、就寝用、読書用みたいに使うのにテント内に1つは用意したほうがいいみたいです。

BRISIE LEDランタン 暖色 電球色 USB充電式 モバイルバッテリー IP65 防水&防塵 【196ルーメン/連続点灯50時間】

光量の感じ方は人それぞれ

光量の感じ方は人それぞれ

場所別にどれぐらいの明るさが必要か調べてみましたが、実際には明るすぎると感じるかもしれないし、逆の場合だってあります。

なので、光量を調節できるものを選んだり、メインで1,000ルーメン以上のものを選らばず、400ルーメン前後のものをいくつか用意するのがいいと言っている人もいました。

500ルーメン以上になると、人によっては光を直視することができないほどの明るさに感じる人もいるようなので、光に敏感な場合は400ルーメンぐらいのものをいくつか用意したほうがいいかもしれないです。

まとめ

場所別に明るさの参考数値を書いてきましたが、光の感じ方は人それぞれなので参考程度がいいと思います。

メイン:1,000ルーメン以上
テーブル:100~400ルーメン
テント:100~400ルーメン

この数値を参考にあとは光量を調節できるものを選んでおけばランタン選びで失敗しないんじゃないかなと思います。

それでは今回はこのへんで。

ではでは(^^)

関連記事LEDランタンで虫除けできる?あると便利【虫除け対策グッズ】
関連記事【UJack】ユージャックのリモコン付きLEDランタンはテント内で便利!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です